*

投資金額に対する費用対効果を改善するための発電効率改善

公開日: : 活用方法

太陽光発電という技術、考え方は非常に理にかなっていると思っています。

ただ、導入の際は高価な買い物となるため、普及が思うように伸びていかないという事です。
導入に対して高価であると、費用対効果に対して疑問が生じてしまうというのが本当のところです。

太陽光発電を導入するという事は、自分で使うかもしくは売電するかという事になりますが、では実際に電気代と売電価格を考慮に入れても、投資金額をすべて回収するまでには約10年掛かると言われています。

そして、10年後にはメンテナンスが必要となり、メンテナンス費用も追加されると、さらに投資回収年月が伸びていくのです。今、少しずつ発電効率を高めるための技術開発が進んでいますが、減量となるパネルの値段が下がらないと、大きな価格減少が起こらないので、導入するメリットが出てきません。

なるべく安価なパネル原料を使い、投資金額を下げること、そして発電効率を確保することが、今後の普及のカギを握っています。費用対効果が最大になるように、計算しながら太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
太陽光発電機のメーカー選び

私は2年前から太陽光発電機を設置したオール電化のマイホームに住んでいま

no image
「太陽光発電」北国でも売電出来た

アパート経営をされているK,Iさんからの口コミ体験談です。 メー

no image
環境に優しい太陽光発電

太陽光発電を導入してから、自分も環境保全に関心を払っており、地球や将来

no image
太陽光発電の見積りをしてみて

私は、3年前自宅を購入して現在住宅ローンを返済しておりますが、毎月の電

no image
太陽光発電でトータル的な家計向上

私の実家の両親が自宅の屋根にソーラーパネルを設置しました。 私達

→もっと見る

PAGE TOP ↑